パチンコ依存症のことを大切な人に話してみよう

脱パチ 294 日目です。

さて今日は 依存症のことを大切な人に話してみよう について書いていきます。

 

 

依存症は孤独の病

俺はこの病気になってずっとそう思っていた。

辛いよなー

だってさ、対象物がパチンコだもんな。理解されるわけないじゃんか。世間ではだらしないとかのイメージしかないしな(笑)

ただでさえ自分のことを否定し続けているのに、大切な人に否定されたら耐えられない。

俺はこの病気を呪ったよ。なんでよりによってパチンコなんだって。

だから7年間誰にも言えなかった。ずっと一人で抱え込んだ。

けど最終的に彼女と両親に伝えた。めちゃくちゃ勇気が必要だったけど、言ってよかったと今は思える。少なからず理解してくれていると思う。

 

確かに打ち明けることはもの凄く勇気が必要だけど、皆さんにもぜひ大切な人に打ち明けてほしい。
家族や恋人に。もちろん友達だっていい。

打ち明けるメリットは下記の通り。

・理解者を増やせることで、克服率がぐんっと上がる
・一人で抱え込む必要がなくなる(逆に抱え込んでいることが、依存に拍車をかけている)
・自分を追い込める

ただ打ち明けるときに、下記に注意してほしい。
注意しないと逆に悪化してしまう。

・理解してくれ!!と全面的に主張しない
・伝える方法を注意する

 

理解してくれ!!と全面的に主張しない


ぶっちゃけ全部を理解してくれるなんて100%ありえない。
というのも、経験しなければ分からないことや細かいことっていうのが存在するから。

もし俺が逆の立場だったら、残念ながら分からない。
やめたいのにやめれないって他の人からしてみるとよく分からん(笑)

なので、理解してくれたら嬉しい という気持ちで打ち明けてほしい。
そのほうが絶対良い方向に進んでくれるよ。

健常者に 理解してくれ!! というのは傲慢だと俺は思う。

 

伝える方法を注意する


まずいきなり面と向かって話したり、電話で伝えるのはお勧めしない。
というのも、

・いきなり依存症のこと話されても相手は理解しづらいし、誤解が生じやすいから
・口頭だと相手に考える時間や調べる時間を奪ってしまうから

なので、最初は文章で伝えたほうが最適だと思う。ラインとかでね。

そしてその際に
・その人に打ち明ける理由(打ち明けることで、回復できるかもしれないと思ったなど)

・どれだけ依存症と闘ってきたのか、その軌跡を伝える(自分の場合はツイッターの克服アカウントを教えた) https://mobile.twitter.com/GGUeabIaMUlv1rk

・依存症を理解しやすいサイトを添付する(自分の場合は下記の漫画)
https://www.jiji.com/ad/korosho/izonsho_manga_v01.html

をまじえて伝えると良いと思う。

ここまで苦しんだんだ。きっと貴方のこと分かってくれるさ。

少なくとも、同じ経験者として俺はみんなのこと理解してるよ!!

GOOD LUCK



投稿者: スパイダーマソ

パチンコ依存症のスパイダーマソです。地獄からの脱却を目指し、赤裸々と回復の軌跡を書いていきます。 共に回復しましょう。

「パチンコ依存症のことを大切な人に話してみよう」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です