ギャンブル依存症による影響と後遺症

明けましておめでとうございます!!

脱パチ394日です。

 

今日はギャンブル依存による影響と後遺症について。

一般的にギャンブルにはまると、真っ先に金銭的な損傷が生じる。そして次に時間。

自分がパチンコに溺れていた時でも、この二つは実感できていた。
まあ実感できていてもやめられないんだけどな(笑)

 

けど、他にもたくさんある。

精神疾患や人との疎遠、向上心の喪失などなど。。。

お金と時間の喪失が大きすぎて、上記の喪失になかなか気づけないんだけど(いや、きづいているのかもしれないが、あまり実感できていないのかも)これらの喪失もかなり大きい。

自分もパチンコから脱却できてようやく実感できた。

 

精神疾患→やめられないストレスと借金でうつ病に(ギャンブルって短時間に喜怒哀楽を経験するから、その負荷もあって脳が壊れた可能性も)

人との疎遠→頭が狂い、人と話す気力がなくなる。また自分と友人の現実を比較するのが嫌になる。

向上心の喪失→パチンコが中心になるため、そんなものどっかいってしまう。というよりそんな余裕がない。

 

いや~負だね~(笑)  人生破綻するわ(笑)

 

これは自分だけかもしれないけど、言い訳がましい妄想癖も発症してしまった。

多分パチンコ打っているときに考える時間があるのと、やましいことをしていると実感があったからだと思う。

 

多少は治ってきたけど、これは今でもしてしまう。

 

一見そんな影響があるように見えないけど、ところがどっこい大いにある。

 

対人関係の妄想ばかりすると、現実で人と話すときあれこれ考えてしまうようになり、行動に移せなくなってしまう。 本当の自分の考えが定まらないんだ。

 

この妄想癖を治すのが今の俺の目標。

少しずつでもいいから、より自分を好きになれるようにしたい。

 

もうあんなパチンコ地獄には戻りたくない。

 

気づいてないだけでギャンブルには多くの負があって、負のループを断ち切るのは本当に難しい。

学校では麻薬の危険性は教えてくれるのに、ギャンブルや酒とか依存性の高いものは教えてくれない。

子供の時からそういう教育も必要だと俺は思うなー。

人生を上手く生きられる術ってやつ。

俺が先生になるか(笑)

 

今日も賭けない一日を!

 

GOOD LUCK